サーモコントロール断熱とは 『断熱』+『遮熱』によるこれからの外断熱工法

快適な住環境を維持し、省エネ効果の高い外断熱工法ですが、屋上防水を露出外断熱工法で施工した場合、断熱材の上に防水層が配置されるため、防水層が熱によって劣化することが懸念されます。そこで遮熱塗料を塗布することで夏場における表面温度を低減できます。外断熱と遮熱を組み合わせた「サーモコントロール断熱」は、防水層の劣化を制御し、より長持ちさせることができるのです。


■断熱とは熱を伝えにくくする機能です。

外断熱工法は建物に断熱材をプラスすることで、夏場には野外の熱を室内に伝えにくく冬場には室内の熱を外部に逃がしにくい効果が得られます。


■遮熱とは太陽光を反射させる機能です。

遮熱とは、太陽光、特に熱エネルギーとして吸収されやすい近赤外波長領域を反射させることで蓄熱量を軽減する効果のことです。遮熱効果を持つ塗料を防水層面積に塗布することで、近赤外波長領域を反射し、夏場の屋上表面温度を下げる効果が得られます。


■居住者は快適に、防水層は長持ち、双方にとってうれしいシステムが「サーモコントロール断熱」です。

「防水」資産を守るキーワード

私たちの暮らすマンションなどの屋上には、雨漏りを防ぐために防水工事が施されています。普段は目にすることが少ないものですが、快適な生活空間の維持や、財産を守るために、とても重要な役割を担っています。
長期にわたり活躍する防水層、風雨や直射日光の影響で、機能は徐々に低下します。おく脳の状態をきちんと理解し、適切な時期に、適切な手段で補修・改修を実施していくことが肝心です。本書では防水とそのリフォームについて御紹介します。


防水改修前
防水改修後

金属屋根の維持・改修は、メンブレンによる防水改修工法がおすすめです。

高い防水性/美しい仕上がり/優れた耐久性

メンブレン防水工法による金属屋根改修は、最も大切な
”雨を防ぐ機能”を復活強化させるだけでなく、建物自体を
新しいイメージでよみがえらせます。


■金属屋根〔折板・瓦棒〕防水改修は、建物状況とニーズに合わせて、3種の工法からお選びいただけます。

改質アスファルト系シート防水常温自着工法 ガムクール
  • ・メンブレンによる高い防水性能
  • ・断熱効果で快適空間を創造
  • ・雨音吸収効果が期待できる
塩化ビニル樹脂系シート防水 ビュートップ
  • ・メンブレンによる高い防水性能
  • ・断熱効果で快適空間を創造
  • ・雨音吸収効果が期待できる
ウレタン塗膜防水超速硬スプレー工法 オルタックスプレー
  • ・意匠性を保持し防水性能を確保
  • ・複雑な屋根形状にも均一な塗膜層形成
  • ・超速硬化のため短工期可能

フレクターフイルムカタログ書影

災害時の強い味方!「屋上ヘリサイン」

屋上ヘリサイン。ヘリコプターのパイロットは、目視飛行をする場合、建物などを目印に飛行します。大規模災害が発生した場合、パイロットの目印となるヘリサインを設置することで、救援活動や物資の輸送、投下など効率的に行うことができます。防水層用災害対策ヘリサインフィルム「フレクターフイルム」は、防水層上に施すヘリサインです。フィルム裏側に設置された粘着層は、「フレクタープライマー」を塗布することで、防水層に悪影響を与えず、長期にわたり強固に密着し、色素層は過酷な水平面でも色褪せしにくく、高い耐久性、耐退色性を有します。さらに、再帰性反射機能を付加したことで、夜間時にヘリコプターからのランディングライトやサーチライトに高輝度で反射し、夜間の市街地情報を正確に伝えます。


屋上ヘリサイン採用事例「国立五小」

以下にDMに記載されているパスワードを入力してアンケートにご回答ください。